facebook line twitter mail

今年最初の満月「ウルフムーン」が夜空に浮かぶ

top

2022/01/18 19:50 ウェザーニュース

今日1月18日(火)は今年最初の満月で、8時48分頃に満月の瞬間を迎えました。2022年の中で、地球から最も遠い満月でもあります。

太平洋側を中心に、まん丸のお月様が見えています。
» ウェザーリポートで満月をもっと見る

今年最初の満月を生中継

※ページ内で動画が再生が出来ない場合は、ウェザーニュースのアプリやWebサイトの「お天気ニュースCh.」からご覧ください。

ウェザーニュースでは18日(火)19時~、今年最初の満月を生中継でお届けします。

1月の満月は“ウルフムーン”

box1
農事暦における満月の呼び方
アメリカの先住民は季節を把握するために、各月に見られる満月に名前をつけていました。

農事暦(The Old Farmer's Almanac)によると、アメリカでは1月の満月を「ウルフムーン(Wolf Moon/狼月)」と呼ぶようです。

今年地球から最も遠い満月

box2
2022年 最も近い満月と遠い満月の比較
2021年は12月19日(日)に地球から最も遠い満月となりましたが、その約1カ月後の今日1月18日(火)は、2022年で地球から最も遠い満月です。

地球の周りを公転する月の軌道は楕円形で、月の軌道は太陽や地球などの重力を受けて変化しています。このため、満月や新月のときの地球と月の距離は毎回異なります。

月は1月14日(金)18時26分に遠地点(地球から最も遠ざかる点)を通過し、18日(火)の8時48分に満月となりました。満月のときの地心距離(地球の中心と天体の中心の間の距離)は約40万1000キロメートル、月の視直径(角度で表す天体の見かけの大きさ)は約29分47秒角です。

2022年で最も地球に近い満月は、7月14日(木)です。今回の満月は、7月14日の満月に比べて視直径が約11パーセント小さく、面積は約21パーセント少なくなります。
>>星空Ch.で月の時間を確認
>>その他のニュースをアプリで見る

参考資料など

The Old Farmers' Almanac
写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)
スーパー駅長さん

    このニュースをSNSでシェア